About

古いバージョンのまま放置されてるWordPressを減らしたい。

最新バージョンを使う理由

なによりもセキュリティ。WordPressの脆弱性がニュースになりますが今のWordPressは自動更新できるのできちんと設定しておけばほとんどの場合は問題ありません。

PHPのアップデートも必要。すでに5.5以下はサポート終了。5.6と7.0も2018年末で終了。1年ごとに新バージョンが出て3年前のバージョンがサポート終了するリリーススケジュール。

WordPressに必要なPHPバージョンも徐々に上げていく計画が始まっているので今後はWordPressもPHPもアップデートしていく必要があります。 servehappy

Discordチャット

募集中

  • WordPressのアップデートと運用ができる参加者:法人でも個人でも。個人の場合はチームを組んで運営も可。
  • ここのaboutの文章:GitHubで。

参加条件

  • 古いWordPressはおそらくサーバーも古いので新しいサーバーに移行作業ができる。
  • その後のアップデートも続けられる。
  • 適切な料金を設定できる。異常な安売りがこの状況を招いてる。

参加方法

  • WordPressのユーザー機能を使っているので普通に ユーザー登録 後プロフィールを設定。
  • 参加者リストに表示を有効にするまでは表示されない。使用するのは表示名と下のほうの追加項目。
  • WordPressの権限としては「寄稿者」なので投稿可能。
  • 退会機能と二要素認証対応。

アップデートの申し込み方法

  • 対象は「制作会社に任せてたので分からない」「更新して動かなくなるのが怖い」「更新できないように設定されている」ような人です。
  • 制作会社のサポートを受けているなら更新するように問い合わせましょう。更新もやってくれないような会社なら切り捨てて他の会社を探しましょう。
  • 各参加者のページから申し込み方法を確認して直接申し込んでください。

リンク