古いテーマの修正例#2

無名関数

function outputBlogPath () { return get_bloginfo('url'); }

add_shortcode('url', 'outputBlogPath');

無名関数のことを知らないんだろうな。これだけでなくどこかの会社が今年書いたブログでもこの書き方しててWordPressユーザーはいつになったら無名関数使うんだろうと思ってる。WordPressのfunctions.phpでこそ便利に使えるものなのに。

無名関数は2009年にリリースされたPHP5.3から使える。

get_bloginfo('url')も使う必要がないので修正するならこうなる

add_shortcode('url', function() {
return home_url();
});

そもそもこのショートコードはなんだよ…という点は無視。

array()

$args = array('post_type'=>'post', numberposts=>10, 'orderby'=>'date', 'order'=>'DESC'); 
$recent_post = get_posts($args);

PHP5.4からarray()は[]で書けるのに一切使ってない。いまやIDEで整形したら自動で全部変換されるのに。会社の金でPhpStorm購入して使うように言ってるはずなのにどうやったらいつまでもarray()を書けるんだろう。

$args = [
'post_type' => 'post',
'numberposts' => 10,
'orderby' => 'date',
'order' => 'DESC',
];

numberpostsを'numberposts'に修正も必要だった。他のテーマでも何度も見てるので本当にコピペでしか作ってない…。

get_posts()も使ってはいけないけどそこを直す段階ではないので今は置いておく。

PHP5.3や5.4にさえ対応できてないのは10年前レベルで知識が止まってる。動かなくなるわけではないけどPHPはこの辺からがらっと変わってるので5.2以前の書き方は本当に辛い。